商業登記・会社設立

 

商業登記とは?

 

商業登記とは、会社法の規定により、商業登記簿に会社情報の登録・記載を申請する手続きのことです。

会社を作っても、この手続きをしなければ、会社として認められません。

登記することによって一般に情報が開示され、法務局で手数料を納付するだけで誰でも商業登記簿の閲覧・写しを請求することができ、商号・目的・本社所在地・代表者名・資本金などを知ることが出来ます。

安全で円滑な取引を図る為にも必要な手続きです。

会社を設立したときをはじめ、下記のような登記簿に記載した内容に変更が生じた時には、商業登記が必要です。

  • 会社設立時                                        株式会社だけでなくNPO法人や一般社団法人を設立した時
  • 役員(取締役・監査役・会計参与)の就任・退任時                      役員の氏名・住所が変わった時
  • 会社の商号変更時                                     有限会社から株式会社への変更も
  • 会社の目的変更時                                     新たな事業を開始する時など
  • 本店を移転する時                                     支店を設置・廃止したり登記されている支店を移転する時
  • 組織(取締役会・監査役会・会計参与)を変更する時
  • 増資・減資の申請時                                    株式の数や資本金の額を変更する時
  • 会社の合併や会社分割などをする時

 

以上のような登記を申請するときは、法律上定められた書類が必要となります。

  定款

  株主総会議事録

  取締役会議事録

  就任承諾書

  印鑑証明書・・・など

 

登記申請をご依頼いただく場合、司法書士報酬とは別に登録免許税などの実費が必要となります。

詳しくは、お気軽にお問い合わせください。

 

商業登記に関するご相談は、専門家である天馬司法書士まで一度ご相談ください。