不動産登記・抵当権抹消

 

不動産登記とは?

 

不動産登記・抵当権抹消なら大阪の天馬司法書士事務所。不動産登記とは、お客様の財産である土地や建物について、所在地や建物面積などの物理的状況と、不動産所有者の氏名・住所・担保権・不動産の内容などの権利関係を、法務局が管理する帳簿(不動産登記簿)に記載し、一般に公開することにより安全で円滑な不動産取引を助長する制度です。

不動産登記簿は、1筆の土地又は1個の建物ごとに表題部と権利部に区分して作成されます。さらに権利部は、甲区と乙区に区分され、甲区には所有権に関する登記事項が、乙区には所有権以外の権利に関する登記事項がそれぞれ記録されています。

不動産登記簿(登記事項証明書)は、法務局で手数料を納付するだけで誰もが閲覧・写しの取得が可能です。この不動産登記簿を閲覧することで、不動産の情報を事前に確認することができ、取引の安全が図られています。

不動産の所有者や権利関係に変更があった場合に法務局に登記の申請をすることとなりますが、不動産登記の申請には登録免許税という税金が必要となります(登記申請の内容、物件、事案により異なります)。

不動産登記の一例として…

右記のように、ほんの一例ですが不動産登記と一口にいっても数多くの専門的な登記に関する手続きがあります。                         不動産登記を申請するに当たり、必ずしも司法書士に依頼しなければならないわけではありませんが、登記申請の手続きは非常に厳正で複雑です。          このように厳正な登記手続きにおいて、正確かつスピーディーに登記の申請を行うことは司法書士が持つ重要な職能の一つです。
不動産登記に関するご相談は、専門家である天馬司法書士まで一度ご相談下さい。
 
以下のような事案に応じて、不動産登記申請が必要となります。
  • 新築不動産や中古不動産の購入に伴う登記
    所有権保存、所有権移転
  • 住宅ローン、事業資金の借り入れに伴う登記
    抵当権、根抵当権の設定
  • 住宅ローン、事業資金の完済後に伴う登記
    抵当権、根抵当権の抹消         (住宅ローン完済後、早期に登記申請することをおすすめします)
  • 相続が発生した場合の相続登記
    遺言や遺産分割協議、法定相続による場合 相続登記及び相続手続きに関する件はこちら
  • 住所・氏名が変わった場合の
    住所・氏名変更の登記
  • 離婚に関する財産分与の登記
    所有権移転、持分移転登記

 

不動産登記申請時の必要書類(代表的なもの)

                                                      不動産購入による所有権移転登記

 □買主様の住民票及び印鑑

 □売主様の印鑑証明書(3ヶ月以内の有効期限あり)及びご実印

 □売主様の権利証(登記識別情報)

                                                      住宅ローン完済による抵当権抹消登記

 □金融機関からの委任状及び代表者の資格証明書(3ヶ月以内の有効期限あり)

 □金融機関の権利証(登記識別情報)

 □不動産所有者のお認印

                                                      相続登記(詳細はこちら

 □お亡くなりになった方(被相続人)の出生まで遡った戸(除)籍、原戸籍、住民票除票など

 □相続人の戸籍謄(抄)本

 □相続人(名義を入れる方)の住民票及びお認印

 □遺産分割協議書及び印鑑証明書、ご実印(遺産分割による場合)

  ※法定相続情報証明制度の利用も可能です。

                                                      登記申請のご依頼をいただくときは、面談等によって本人確認手続きが必要となります。ご依頼人様の重要な財産に対する手続きのためご理解・ご協力をお願いいたします。