個人再生・自己破産

自己破産とは?

自己破産手続きとは借金の返済の見込みがなくなった時に、保有する財産(不動産・車・預貯金・生命保険など)を清算することで借金を免除してもらうことです。大きく分けて管財手続き同時廃止手続きがあります。

財産がある場合は、借入れをしている債権者の債権額に応じて公平に分配(按分弁済)し、残りの借金は免除することになります。

※生活の再建の為に必要なお金は、原則99万円まで残すことも可能です。(自由財産)
※一定の価格以上の財産がない場合は、債権者への分配なしで手続きが終わります。(同時廃止)

生活するのに必要最低限の財産は、手元に残すことが可能です。

自己破産後に得た収入や財産に返済の義務はなく、収入や財産は守られます。

自己破産とは、人生を再出発する為の制度といえます。

自己破産のメリット・デメリット
自己破産手続きをする上で、上記のようなメリット・デメリットがありますがその他にメリットとして、司法書士が受任通知を発送した後は、債権者への返済をストップすることができ、取り立ても止まります。                   不動産を手放さなければならないなどのデメリットもありますが、そもそも住宅ローンを支払えなくなって自宅を売却するようなケースではデメリットにはなりません。
さらに詳細を知りたい方は、大阪借金整理相談所
 

個人(民事)再生とは?

個人再生とは、裁判所を介して借金を減額してもらい、3年程度の返済計画を組み、計画に基づいた返済を行なう為の制度です。
個人再生の特徴として、住宅ローンを抱えている場合は不動産を残したまま、借金を大幅に減額する事も可能という事です。※自己破産とは大きく異なる点といえます。

しかしながら、個人再生は裁判所の認可決定に非常に長い時間を要する場合があります。
個人再生は、以下のような要件をクリアしなければなりません。

  • 住宅ローンを除いた債務総額が5000万円以下であること
  • 継続的に、または反復して収入を得る見込みがあること(アルバイトや契約社員の方でも個人再生の手続きが可能なケースもあります)
個人再生による、減額モデル

個人再生による減額モデル表

個人(民事)再生のメリット・デメリット

このように、大幅減額した借金を原則3年以内に分割して返済する事ができます。
また減額後、返済する借金には利息がつきません。

ただし、清算価値保証原則というものがあります(個人再生申立人が保有している財産価値の総額は最低限弁済しなければなりません)。

 

さらに詳細を知りたい方は、大阪借金整理相談所


自己破産と個人再生どちらの手続きを選択するべきか

収入の状況や借金の額、保有する財産の内容によっても異なりますので、司法書士がご相談者様の状況等をお聞きしながら自己破産か個人再生のどちらの手続きを選択すれば良いか、ご相談者様と一緒に考えていきます。

詳しくは、大阪の天馬司法書士事務所までお気軽にご相談下さい。