抵当権抹消登記と住所・氏名変更登記(登記名義人表示変更登記)

登記名義人表示変更登記(住所変更登記、氏名変更登記)とは

 

不動産(土地、建物)の登記名義人(所有者)が引っ越し等で住所が変わったときや結婚などで名前が変わったときでも自動的に登記が変更されることはなく、原則として登記名義人表示変更登記(住所変更登記や氏名変更登記)を申請することとなります。

登記名義人表示変更登記とは、登記簿上の表示(住所・氏名、法人の場合は本店、商号など)を現在の住所・氏名等の表示に一致させるためにする登記です。

ただし、登記申請の期限もなく、罰則等もありませんので、通常、ある権利につき移転、設定または抹消の登記を申請する時に登記名義人の表示変更登記も同時に申請することとなります。

 

どのような場合に登記名義人表示変更登記を申請するか

 

不動産を売ったり贈与した場合の所有権移転登記や、融資を受けて担保を設定した抵当権設定登記を申請する場合に、登記名義人の住所、氏名に変更があれば、必ず登記名義人の表示変更登記をしなければなりません。

 

また、住宅ローンを完済されて抵当権抹消登記を申請する場合にも登記名義人の住所、氏名に変更があれば、登記名義人の表示変更登記をしなければなりません。登記簿上の表示と現在の住所・氏名の表示を一致させる必要があるためです。

 

登記名義人表示変更登記の申請に必要な書類は

 

住所に変更がある場合

登記簿上の住所から現在の住所まで、住所変更の経緯がわかる住民票や戸籍の附票等が必要となります。

 

氏名に変更がある場合

結婚や養子縁組など氏名変更されたことがわかる戸籍等が必要となります。

 

※保存期間等の経過により、上記書類が取得できなくなる場合もありますので、お早目に登記申請されることをおすすめします。

 

 

天馬司法書士事務所にご依頼いただければ、必要書類の収集から書類の作成まで当事務所で行うことが可能です。

 

抵当権抹消登記や登記名義人表示変更登記に関することは、認定司法書士である安心と信頼の天馬司法書士事務所までお気軽にご相談下さい。

 

ご相談専用フリーダイヤル 0120-100-912

 

お問い合わせはこちら