会社目的の変更

会社の目的(定款の目的)とは

会社の目的(定款の目的)とは、その会社が行なう、または将来行なう事業内容のことであり、定款の絶対的記載事項かつ登記事項です。会社設立時に目的を定め定款に記載し、登記されることによって会社は、目的に沿った事業内容を行なうことができます。

 

目的の適格性として以下の判断基準があります。

1.適法性(公序良俗又は法令に違反する事業を目的とすることはできない)

2.営利性(事業活動によって得た利益を構成員に分配する必要がある)

3.明確性(事業内容が明瞭であり、理解できること)

4.具体性(抽象的なものでなく、より具体的に定める)

 

4の具体性については、現在、法務局の審査は要しないこととされていますが、銀行や取引先が会社の登記簿を見たときにどのような事業を行なっているかがわかる程度には記載した方が良いと思われます。

 

目的を変更するには

会社設立後、事業も順調に行き新たな事業始めようとする場合に、予め定款に記載されている事業内容であれば問題ないのですが、定款に記載されていない事業内容を始めようとした場合に、新たに定款に目的を追加し、登記しなければなりません。

 

定款は、株主総会の特別決議で変更し、登記事項ですので法務局に登記申請が必要です。

 

目的変更手続きに必要な書類

1.株主総会議事録

2.委任状(司法書士に依頼する場合)

 

※登録免許税として3万円が必要となります。

 司法書士に依頼する場合は、別途3~4万円程度必要となります。

 

目的変更やその他登記事項の変更、会社設立のご相談は、天馬司法書士事務所まで