予備的遺言書について

遺言者が、「全財産を妻に相続させる」との遺言書を作成しても、妻(受遺者)より先に亡くなるとは限りません。仮に妻(受遺者)が遺言者より先にあるいは、同時に亡くなった場合、遺言は効力を生じません。なぜなら、遺言者が亡くなったとき(遺言の効力が発生したとき)に妻(受遺者)が生存している必要があるからです。

 

上記のようなときのために妻(受遺者)が遺言者より先にあるいは同時に亡くなった場合には妻に相続させるとした財産を誰に相続させるのかを遺言書に記載しておくことができます。遺言者の死亡以前に相続させる相手が亡くなってしまった場合は、その者に相続させることができないので、予備的に他の者に相続させると遺言書で明示するのが予備的遺言です。

 

予備的遺言の必要性が高い場合

・遺言者と相続あるいは遺贈する方の年齢が接近している場合

・父親と息子で年齢差があっても、息子が重大な病で余命があまり長くないと

 思われるとき

 

また、遺言書への記載は、「遺言者が死亡する以前」という記載にすると、受遺者が遺言者より先に亡くなった場合と同時に亡くなった場合の両方を含むこととなり、公正証書遺言作成時にもよく利用される表現です。

すでに遺言書を作成された方でも、作り直すことは可能です。状況に応じて予備的遺言を作成されることをおすすめします。

 

 

遺言書作成に関することは、大阪相続相談センターまでお気軽にご相談下さい。

ご相談専用フリーダイヤル 0120-100-912

お問い合わせはこちら

email tenma-syosi@watch.ocn.ne.jp