遺言書作成のすすめ

「生前の意思を相続の場面でも反映させたい」「相続人ではない方のために特別に財産を遺しておきたい」など、特別な希望がある場合、遺言書を作成しておくことが必要になります。また、特別そのような希望がなくても、遺言書を作成しておくことが、遺された親族らの相続争いを防止する手段にもなります。

生前の意思を家族に伝えるため、また遺された家族が相続争いに巻き込まれないためにも遺言書を作成するのも一つの方法です。

 

遺言作成のご相談は、大阪相続相談センターまでお気軽にご相談下さい。

 

ご相談専用フリーダイヤル 0120-100-912

email tenma-syosi@watch.ocn.ne.jp