配偶者が多額の借金を残して亡くなった場合(相続放棄)

ご主人が多額の借金を残して亡くなり、相続人は妻と子供の場合に、相続人は借金を支払わなければならないでしょうか。

 

「相続人は、財産に属した一切の権利義務を承継する」と規定されています。これは、預貯金や土地・建物などの財産だけでなく、借金も相続することを意味します。したがって、原則として相続人が借金を支払わなければなりません。

 

ただし、相続人は自らの意志で相続をしないことを選択することができます。これを「相続放棄」といいます。例えば亡くなられた方が残した財産(預貯金・不動産など)が1000万円で借金が3000万円で借金の方が多い場合、相続をするとマイナスとなってしまい借金を背負うこととなります。このような場合には相続放棄をすることで、一切の権利義務の承継を免れることができます。預貯金や不動産を相続することはできなくなりますが、借金を背負おうこともなくなり、借金の支払いも免れることができます。

 

相続放棄の手続きは、自己のために相続の開始があったことを知った日から3カ月以内に家庭裁判所に申述をすることによってします。3カ月という期間は非常に短期間となっておりますが、この期間は家庭裁判所に請求することで伸長することも可能です。

 

また、相続放棄をすることで次の順位の者が相続人となるので注意が必要です。例えば、今回のケースであれば、妻と子供がすべて相続放棄すれば、亡くなられた方の直系尊属(父母または祖父母)が相続人となり、既に亡くなられている場合には、兄弟姉妹が相続人となりますので、相続人となることを希望しない場合は、別途相続放棄の手続きをしなければなりません。

 

大阪市・東大阪市など大阪府近郊の方の相続放棄に関するご相談は、天馬司法書士事務所までお気軽にお問い合わせください。

 

ご相談専用フリーダイヤル 0120-100-912

遺産相続手続きに関する専門HP 大阪相続相談センター

email tenma-syosi@watch.ocn.ne.jp